オンラインでの薬の説明が可能に!オンライン服薬指導【薬剤師ニュース】

厚生労働省がスマホなどを使って薬剤師が患者に薬の使い方を説明することができる「オンライン服薬指導」を可能にするために、2019年の通常国会にて医薬品医療機器法(薬機法)の改正案を提出することが決まったそうです。

このオンライン服薬指導の実施は2020年を目指しているとのこと。

現在の医薬品医療機器法(薬機法)では薬剤師は患者と対面をしなければ服薬指導して販売することしかできませんでした。

しかし今回提出された改正案では、対面でなくとも指導が行える場合はオンラインでの服薬指導を認めるという内容です。

まだ細かな要件などについて専門家などによって取り決めが行われるそうです。

現在でも診療報酬改定で診療料が新たに設けられ、遠隔で患者を診察できるオンライン診療は実施しやすい状況が整っています。

ただ、オンラインで診療を受けることはできても薬を買うためには調剤薬局へ行く必要があります。(一部特区)

この法案が可決されればオンライン服薬指導が可能になり、よりオンラインでも診療が拡大することになると思われます。

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着