癌治療と薬剤師について

今日本では3人に1人が癌で亡くなられています。

しかし近年では早期発見することで早期治療することができれば、ほとんどの癌は完治することができる時代でもあります。

それほど最近の医療は癌に対して治療技術が進んでいるのです。

もちろん薬剤師も癌治療には大きな関わりを持っています。

薬剤師の仕事のイメージはドラッグストアや薬局で薬の説明をしてくれるというイメージを持っている人が多いです。

しかし薬剤師という仕事には様々な職種があります。

大きくは「薬局の薬剤師」と「病院の薬剤師」で分かれます。

病院の薬剤師の業務は薬剤の管理や情報管理です。

例えば癌であればす術をするときに服用してはいけない薬があれば中止をしなければいけません。

もし手術前に服用してはいけない薬を中止しなければ手術がうまくすすまないということもあります。

癌の手術を受ける患者さんが、どの薬を何日前に中止をしなければいけないのか。

専門的な立場から情報を提供し、処置する必要があります。

また術後の痛みや感染症を予防するためにも薬剤は必要で、それらの薬剤を薬剤師の立場として医師にアドバイスを行います。

最近は抗がん剤治療など癌治療のレベルは常に高くなっています。

そんな中、抗がん剤の過剰投与や誤投与などの医療事故、また副作用などの危険性があるのも認識されています。

それらの治療を安心安全に行うためにも薬剤師は薬剤の専門家としてアドバイスする必要があります。

病院ではなくドラッグストアや薬局では調剤し薬剤のアドバイスなどをすることが主な仕事内容になります。

また市販されている薬の相談やサプリメントの相談などもあります。

最近では抗がん剤治療で注射薬は病院で行なって、服用するタイプの薬は自宅で服用するケースも多いです。

そこで抗がん剤の服用方法や副作用について相談にのることも薬剤師の大切な仕事になります。

癌治療には多くの薬が必要になりますので薬剤師の存在は非常に大きなものになります。

これからもどんどん新しい治療薬が開発されることは間違いありませんので、薬剤師は癌治療においても必要不可欠な存在です。

新しい癌の治療薬の情報や成分など常に新しい情報にアンテナを張っておきましょう。

 

 

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着