チーム医療で活躍する薬剤師

チーム医療というのは医療に従事している医療関係のメンバーがそれぞれの専門知識などを活かし、同じ目的に対して業務を担当し、最適な医療を患者に提供することをいいます。

現在は安心安全な診察技術、医療を希望する患者とその家族から求められています。

そんな中、医療は日々高度になり複雑になっており、従事する医療メンバーは心身ともに疲労があると言われています。

それを解決する方法のひとつとして「チーム医療」があります。

チーム医療というのは様々な専門家(医師、看護師、薬剤師など)で行い、その中で薬剤師は薬剤に関する現状の問題点などを改善することが求められています。

しかし実際の医療の現場というのは医師や看護師が薬剤の管理などを行うことが多いようです。

日本病院薬剤師会や医療薬学会で認定されている専門薬剤師や認定薬剤師などの高度な専門知識や技術をもっている薬剤師が求められています。

チーム医療において薬剤師に求められているのは薬剤管理はもちろん、実際の医療現場で薬剤師が行える業務、必要な業務を遂行することです。

チームとして機能するために薬剤の管理をしながらも、各専門家に対して薬剤師の目線からアドバイスをすることも必要です。

日本ではまだまだチーム医療は確率されていません。

しかしこれから病院などではこのチーム医療が必要不可欠と言われています。

もちろん医療をするにあたって薬剤師は必要不可欠な存在です。

ただ、チーム医療にはより高い専門知識や技術が必要であることは間違いありません。

薬剤師としてスキルアップをしたい、より高いレベルの仕事をしたいという薬剤師はチーム医療に参加することをおすすめします。

もちろんチーム医療は病院だけではなく、形は違えど薬局などでも求められています。

薬剤師という立場から観察をして、適切な対応やアドバイスを求められるようになりましょう。

またチームで活躍するためにはコミュニケーションも必要不可欠です。

信頼関係を築くためにもコミュニケーションを軽視せず、個人としてのレベルアップをしつつチーム全体のスキルアップを目指すようにしましょう。

 

 

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着