薬剤師の給料について調べてみた

薬剤師といっても病院やドラッグストアなど働く職場はたくさんあります。

今回はその中から転職の時に気になる各職場の給料について調べてみました。

薬剤師の転職の時にぜひ参考にしてください。

 

調剤薬局の給料について

まず調剤に給料についてですが、調剤薬局は薬学部の6年制へ変更になり薬学部を卒業する学生が減少しており、さらに薬剤師の資格取得者の減少も大きく影響しています。

また最近はドラッグストアの出店に伴って大手企業が薬剤師を積極的に採用していることも大きな影響があり採用が難しくなっています。

そのため調剤薬局の求人数は増え続けており、給料も高くなってきている傾向があります。

 

病院の給料について

公立病院では一般的に公務員給料になりますが、民間病院では病院によって給料は大きく異なります。

病院の給料には大きな差があり、給料の安い薬剤師もいれば給料の高い薬剤師もいます。

病院へ転職を考えている場合は事前に給料を比較して決めることをおすすめします。

 

ドラッグストアの給料について

ドラッグストアは運営企業が大手企業でもあり、出店が続いていることから薬剤師の給料水準は非常に高いです。

年収600万円以上の求人は非常に多くあります。

なぜドラッグストアの給料がこれほど高くなっているのかというと、薬剤師不足であることに加えてドラッグストアは処方箋調剤などの収入以外にも収入源が多いからです。

 

薬剤師の主な職場である調剤薬局、病院、ドラッグストアの給料についてご紹介しました。

ただどの職場が一番いいか、というのはあなたの生活スタイルや求めているものによって異なりますので一概には言えません。

給料重視あればドラッグストア、プライベートを充実させたいなら調剤薬局など選ぶ基準は人によってそれぞれです。

おすすめは条件の良い求人が多く掲載されている非公開求人をみて、その中からあなたにあった職場を探すことがベストです。

▶︎無料登録で非公開求人を確認する

 

薬剤師が高い給料(年収)を稼ぐためには

もっと給料が欲しい、年収をアップさせたいという薬剤師さんはより就職する企業を厳選することが大切です。

そして給料の高い会社に勤めるためには薬剤師としてのスキルももちろん重要になってきます。

薬剤の知識だけでなく社会人としてコミュニケーションも非常に重要です。

給料を上げたい、年収アップをしたいという薬剤師さんは自身のスキルアップも重視して、また転職するときはたくさんの求人を比較してより良い求人に応募するようにしましょう。

 

薬剤師給料に関する検索キーワード

薬剤師給料に関するヤフー知恵袋

薬剤師給料に関する教えて!goo

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着