ひとり薬剤師の仕事の内容について

小規模や薬局などではひとりの薬剤師が受付や調剤業務、さらに会計まですべてをひとりで行うことがあります。

もちろんひとりで店の業務を全て行うのは大変ですが、それを苦労と思うか成長のきっかけや経験になるとプラスにとるのかは人によって違いますね。

調剤薬局で薬剤師がひとりで仕事をするのは調剤の仕事はもちろん受付から会計まですべてをひとりで行います。

特に会計はお金を扱う仕事なので神経を使います。

定期的なつり銭のチェックなども必要です。

またよく処方される薬の管理なども大切で在庫があるのかどうか、これから処方が増えると思われる薬を事前に早めに在庫の調整をするなどの配慮も必要になります。

もちろんひとりで業務を行うので負担も大きいですし、在庫不足になった時や長時間患者さんを待たせるようなことがあれば大変です。

時にはかかりつけの薬局として利用されている患者さんの場合は、自宅に薬を届けるということもあるようです。

患者さんだけの対応でなくさまざまな業務も同時進行することになるのがひとり薬剤師の仕事の大変なところです。

 

ひとり薬剤師の職場のデメリット

ひとりで店を運営するという職場のデメリットで一番多くあげられるのが「患者さんを待たせること」です。

時間帯によって急に患者さんが増えることもあるのでその時の対応は大変です。

混み合う時間帯になるとなかなかトイレにもいけないということも。

またこれは一人薬剤師に限ったことではありませんが、調剤ミスはやはり注意したいですね。

複数の薬剤師がいればチェックなどを行なってもらうこともできますがひとりなので調剤から処方箋までひとりで行います。

そうなるとひとりでしっかりとチェックをする必要があります。

また欠勤しづらいという面もデメリットとしてあります。

薬剤師も人間ですから病気になります。

そんな時にひとりで任されている場合は簡単には欠勤できません。

大手のチェーン店であれば他の店舗から人員を調整してもらえることも可能ですが実際には急な調整は難しいでしょう。

 

メリットは向上心やスキルアップ

ひとり薬剤師として働くのはデメリットだけではありません。

ひとり薬剤師としてだからこそあるメリットもあります。

薬局の管理を全て任されているわけですから大きなスキルアップになります。

またその運営経験があることで転職の時にも大きなアピールポイントにもなるでしょう。

トラブルが起きた時も、自分でトラブルを解決することで経験にもなりますしスキルアップにも繋がります。

ひとりで任されている分、プレッシャーはありますがよくある「人間関係」で悩むことがなくなります。

人間関係のトラブルなどはほぼ確実にあるものです。

自分のやり方とは違うやり方を強要されることもあるでしょうし、シンプルに合わない人と一緒に仕事をすることもあるでしょう。

しかしひとり薬剤師であればそのような人間関係に悩むことなく自分のペースで仕事ができます。

ひとり薬剤師として働くのはやりがいは十分にあります。

求人の中には「ひとりで運営業務を行う」と行った求人もありますので興味があれば詳細を確認してみてはどうでしょうか。

 

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着