一人薬剤師で大変な時の対処法は?

薬剤師の中で結構多いのが一人薬剤師、一人事務員の薬局で働く薬剤師です。

近所に新しいクリニックができると処方せんがかなり増え、大変ですよね。

そんな一人薬剤師がミスなく仕事をこなすにはどうすればいいのでしょうか。

調剤業務は緊張の連続です。

何度も確認することを忘れないようにしましょう。

一人でピックングから監査、投薬まで行うときはそれぞれの家庭で示唆呼称することをおすすめします。

また1枚の処方についてピックングから監査まで連続して行うのではなく、間に呼吸を入れて気分をリセットすることも大切です。

例えば複数の処方をまとめて行い、ひとつひとつの工程ごとに分けて作業をすることで確認作業も行えます。

また気づいたことがあれば、その都度メモをとって忘れないようにしましょう。

とくにハイリスク薬の処方の場合は目立つように印をつけて見逃さないように注意をするようにしましょう。

薬剤師の上下関係について

 

できるだけ協力をしてもらいましょう

どれほど集中して作業をしたとしてもひとりでできる作業には限界があります。

もし可能であれば会社に薬剤師の補充をお願いしても良いでしょう。

または事務員の人でもできることがあればお願いをするようにしましょう。

ひとりであれもこれもを抱えるのは大変です。

周りの人に協力をしてもらうことも悪いことではありません。

また患者さんに薬を渡すときも、ひとつひとつ声に出して手にとって説明することで最終の確認もできます。

もちろん手間がかかりますがミスをしてしまうよりはよっぽど良いことです。

万が一トラブルがあったときに「一人薬剤師だから仕方ない」という言い訳は当然通用しません。

ひとつひとつの作業に集中して何度も確認をするようにしましょう。

薬剤師転職サイトランキング

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着