薬剤師と患者のコミュニケーションについて

薬剤師が患者さんに薬歴を聞いたりしても「話はいいから」「早く薬をちょうだい」とまともに答えてくれない患者さんもいます。

薬剤師の立場としてはしっかりと患者さんの薬歴も把握しておきたいところです。

ある口コミでは「薬局に薬をもらいに行くたびに「お薬は余っていませんか?」と聞かれて不愉快だ」という口コミがありました。

薬剤師も決して悪気があるわけではなく確認をしているだけでしょうが、患者さんは「まるでちゃんと服用していないように言われる」と受け取られることもあるのです。

もし最初のケースの場合であれば、早く薬が欲しい患者さんには早く薬を出してあげるということが正解でしょう。

手早く作業をして、説明についても必ず説明が必要なところだけを説明するようにしましょう。

会話を好まない患者さんもいることを理解するようにしましょう。

ただ、短い時間でも伝えるべき事項や、伝えなければいけない事項があれば簡潔にしっかりと伝えるようにしましょう。

信頼される薬剤師になるには?

 

気軽に相談できる薬剤師を目指そう

早く薬をもらって帰りたいという患者さんは、何か用事があるかもしれませんし、すでに病院で医師から薬について説明を受けていて二度説明を受けるのが面倒だと感じているのかもしれません。

求められる薬剤師になるために、患者さんの立場も考えて自分のやるべきこと、したいことを優先するのではなく患者さんを優先するようにしましょう。

気分を害さずいてもらうことで、いざ何かあったときに気軽に相談できるようにしておきましょう。

薬剤師をしていると本当にたくさんの患者さんと関わることになると思います。

いろんな患者さんがいることを理解し、それぞれの対処方法、対応方法が必要になります。

いざという時に頼られる薬剤師になるように、柔軟に対応するようにしておきましょう。

薬剤師の給料、年収を調査した結果

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着