信頼される薬剤師になるためには?

薬剤師である以上、薬物治療に関する知識を高く持っていることは当たり前のことです。

患者さんはもちろん、医師や看護師などの医療従事者からも薬剤に関する相談やアドバイスを求められることもあるでしょう。

薬剤師は薬剤のプロですので「知りません」「わかりません」ということはあってはいけません。

常に新しい情報をインプットして高い知識を維持するようにしましょう。

では薬剤に関する知識が高ければそれで信頼される薬剤師かというと決してそうではありません。

患者さんの「悩み」「不安」に寄り添うことも薬剤師の大切な仕事です。

そのような患者さんの悩みや不安を一緒に解決をする、薬剤の力で補助をすることが大切です。

困ったことがあればあの薬剤師さんに聞けば何となる、良いアドバイスがもらえる、そのように信頼される薬剤師になるよう心がけましょう。

薬剤師にはコミュニケーション能力も大事

 

臨機応変に対応できる薬剤師に

困ったときに信頼される、頼りにされる薬剤師になるためには「素直さ」が必要です。

自分の意見ももちろん大事ですが、相手の意見もしっかりと受け入れることも大切です。

例えば、朝夕の1日2回服用しなければいけない薬があったとします。

しかし朝食事をとらない人に「朝食後に服用してください」といっても正しく服用される可能性は低いですよね。

そんなときは「朝食を食べるメリット」や「忙しい朝でも朝食を食べる方法」を提案してあげるのもいいでしょう。

このように相手の状況や生活習慣などを受け入れて、それに対して柔軟な対応をすることが「良い薬剤師」ではないでしょうか。

また自分の考えややり方に固執せずに、先輩や同僚薬剤師の良い部分をどんどん自分に取り入れることも大切です。

他にもビジネス書などを参考にしても良いと思います。

ビジネス書にはコミュニケーションに関する情報だったりトラブル解決の方法などが書かれています。

薬剤師も社会人ですので、このような情報は普段の仕事に役立てることができます。

また薬剤師とは違う視点に気づくこともできるのでおすすめですよ。

薬剤師ナビが薬剤師に人気な理由とは?

 

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着