「座薬」を勘違いしたおじいさん【薬剤師あるある】

ある日、年配のおじいさんが薬局へ。

そのおじいさんには座薬を販売することになっており、

「今回は、座薬が出ていますよ。」

と説明。

すると、

「座薬?はて?」

と私の手元にあった書類を見て

「これは椅子の方がいいのかな?座布団でもいいのかい?」

と聞いてきました。

(え?なにを言ってるの?)と困って、

「え〜〜〜っと・・・」と考えていると、おじいさんが、

「うむ・・・とりあえず座れば良いのかい?」

と聞いてきました。

(え?座る?どういうこと??)と頭の中は「?」だらけ。

そして書類を見て「はっ」と気づきました。

おじいさんは紙に書かれている「座薬」を読んで座って飲む薬だと勘違いしていたのです。

やっとそのことに気づいて、座薬について説明。

するとおじいさんは、

「ほー、そういうことかい」

と理解してもらえました。

子供や年配の人に説明をする時って「わかっているだろう」で説明するのは危険ですね。

 

薬剤師がおすすめする転職サイト1位

新着